知的財産 戦略 体制
        
『新規R&Dテーマを設定するための
         経営層への効果的な説明・説得の仕方』
『未来予測による研究開発テーマの決め方』
 
<セミナー No.709503>

★知財部員の意識を変え、部門の地位向上を実現した改革の舞台裏に迫る!


企業経営に資する知財戦略の策定と

知財活動体制の構築、強化の仕方


■ 講師
1.

旭硝子(株) 技術本部 知的財産部 部長 神庭 基 氏

2. シスメックス(株) 知的財産本部 本部長 井上 二三夫 氏
3.

ナブテスコ(株) 技術本部 知的財産部長 菊地 修 氏

4. 日本写真印刷(株) 新製品開発室 知的財産部 部長 原 伸郎 氏
■ 開催要領
日 時

平成29年9月25日(月)10:00〜17:15

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。
■ プログラム

<10:00〜11:30>

【第1部】事業に貢献する知財戦略と組織づくり
      〜シェアード部門から戦略策定機能を持ったコーポレート部門に向けて〜

旭硝子(株) 技術本部 知的財産部 部長 神庭 基 氏

【講演趣旨】
シェアード部門からの脱却が我々に与えられた課題である。そのためには事業への貢献をより明確にした知財戦略を策定し実行できる組織に変化しなければならない。我々が強化する機能は何か、その機能を高めるためにはどんな活動をすべきなのか等々を10か月に渡り議論してきました。また、組織力を上げるために中心となりそうなメンバーはどんな行動特性なのか、行動心理学を応用した測定を行いどんな役割を担ってもらうと力を発揮しやすいのかも把握しました。これらの取り組みを共有することで、みなさまの抱えている課題を解決するためのヒントになれば幸いです。

【講演項目】
1.AGC旭硝子の事業概要
2.知財部方針
3.強化すべき機能と組織設計
4.各組織のリーダー、コア人財の行動特性の理解(行動心理学の応用)
5.戦略立案力強化の取り組み
6.知財力強化の取り組み
7.10か月の足取りまとめ
8.今後の課題

【質疑応答】


<12:15〜13:45>

【第2部】シスメックスにおける知財管理体制と研究開発部門との連携

シスメックス(株) 知的財産本部 本部長 井上 二三夫 氏

【講演趣旨】
シスメックスは、血液・尿・組織などの検体を検査する臨床検査分野において、検査機器・検査試薬・管理システムを研究・開発・製造・販売している。2000年以降、事業のグローバル展開を加速し、現在では世界190カ国以上の医療機関に製品・サービスを提供し、海外の売上比率も80%を超えている。このようなグローバル事業展開を支えるべく、リスクを最小にし、また、国際競争力を最大にするための知的財産戦略を立案し、さまざまな知財の取り組みを行ってきた。本講座では、シスメックスの知的財産戦略と、戦略に基づく具体的な知財活動について紹介する。

【講演項目】
1.知的財産戦略の考え方
2.企業理念と知的財産戦略との関係
3.知的財産戦略の立案
4.第三者知財に対する考え方
5.自社知財に対する考え方
6.知的財産戦略実践のための環境整備
7.研究開発部門との連携
8.知的財産戦略を実践する知財人材育成
9.知的財産戦略を実践する研究開発者育成


【質疑応答】


<14:00〜15:30>

【第3部】ナブテスコにおける知財経営戦略体制の構築と実践手法

ナブテスコ(株) 技術本部 知的財産部長 菊地 修 氏

【講演趣旨】
ナブテスコにおける知財経営戦略体制の構築と実践手法 日本企業が成長し続けるには、企業や事業のコア価値を知的財産として見定め、 その強化・獲得戦略を全社的に展開して、事業競争力と企業価値の向上を実現する知 的財産経営戦略の実行が必須となる。 この知的財産経営戦略を実現するには、コア価値の権利武装(特許出願)やノウハウ保護を的確に実行するだけではなく、IPランドスケープを的確に実行し、事業戦略を実現する知財戦略を策定し、カンパニーの事業計画として確実に実行していくことが重要である。 ロボット用精密減速機、鉄道車両用機器、油圧機器、自動ドア等の製造メーカであるナブテスコでは、この知財経営戦略を企業戦略の一環として全社的に活動しており、その活動の中で実行した知財戦略の策定方法や推進体制と、戦略の実行方法やその具体的な戦術を紹介する。

【講演項目】
1.ナブテスコの経営戦略と事業活動
2.ナブテスコの知財戦略の全体像と、活動方針、実行体制、推進計画
3.ナブテスコのグランドビジョン実現に向けた
            事業のコア価値の選定と強化計画の策定
4.事業のコア価値を獲得・強化する知的財産戦略の策定・推進方法
5.市場分析のための技術マーケティング(IPランドスケープ)と
                  その結果のコア価値強化戦略での活用
6.顧客・競合企業等の特許力分析手法(4C特許分析)
7.新事業・改良技術のアイデア創造手法(ナブテスコ流TRIZ)
8.技術やノウハウの営業秘密管理手法(証拠保全方法)
9.事業戦略的に則したノウハウ、特許出願の見極めと
                   知財情報戦略データベース構築
10.第4次産業革命に対する知財戦略のあり方(模索検討中の内容)


【質疑応答】


<15:45〜17:15>

【第4部】日本写真印刷における知財戦略と組織・体制の構築

日本写真印刷(株) 新製品開発室 知的財産部 部長 原 伸郎 氏

【講演趣旨】
知財担当者が10名未満の小知財企業では人的リソースが限られていることから、世間一般で言われているような知財活動をすべて行うことは困難です。社内で実施すべき事項と外注によって実施すべき事項とをうまく組み合わせ、ルーチン業務が中心となる通常の知財業務とトラブル対応などの緊急の知財業務の両方に対応できるようにする必要があります。講演では、小知財企業である当社が実践している知財戦略と組織・体制の構築について、具体例を交えながら説明します。

【講演項目】
1.当社概要
2.知財部門の位置付け
3.知財方針と知財戦略
4.知財権取得
5.知財リスク管理
6.知財教育
7.緊急の知財業務
8.その他

【質疑応答】

 

知的財産 戦略 組織 セミナー