ゲノム 特許 セミナー
                  
 
 
 
 
<セミナー No.810112>

☆ ゲノム編集技術を使用した製品開発での留意点とは?特許侵害とならないための留意点とは?
    今後の特許取得・権利化の戦略と、他社特許の侵害防止対策!

研究者にも分かり易く解説する

ゲノム編集遺伝子治療技術の特許戦略


■ 講師
【第1部】 

ユニード国際特許事務所 顧問 中筋公吉 氏

【第2部】 辻丸国際特許事務所 弁理士 南野研人 氏
【第3部】 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK 
  特許部 部長<化学バイオ系領域担当> 中尾守男 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年10月18日(木)10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム

【10:00〜13:30】  ※途中、昼食の休憩を含む

【第1部】 ゲノム編集技術の特許化動向とその権利効力範囲

ユニード国際特許事務所 顧問 中筋公吉 氏

 

【講座主旨】

本セミナーは、「ゲノム編集/遺伝子治療技術」と称するが、その主要対象焦点はゲノム編集技術とその応用面が主となる。 このセミナーの最初のパート、「ゲノム編集技術の特許化動向とその権利効力範囲」では、その技術の説明と関連する特許出願状況、さらに特許となっている範囲と出願された発明のこれからなる特許範囲などの紹介と解説が、さらに本技術のインパクトに鑑み、その権利の取り扱いにつき施作論的方向性が生まれており、その紹介を含め、さらに知的財産的にどのように対応するかの一般的考え方を提示するという、総論的な話題が対象となります。

【講座内容】

はじめに:いわゆる「ゲノム編集」に関わる昨今の状況を見ると(新聞記事等から)
 ・「DIYバイオ」の強力な手段が、ゲノム編集?
 ・「ゲノム編集」の方法さえインターネット情報で手に入れれば、市販の試薬で新しい(思い通りの?)ゲノムが作成可能? 
   その将来に渡っての危惧・問題とは?

1.ゲノム編集とは?(第二世代。第三世代のゲノム編集技術)
 1.1 CRISPR-Cas9系
 1.2 TALENs系
 1.3 応用技術
 1.4 ゲノム編集技術と遺伝子治療技術、さらに治療薬、ゲノム医療との関係(*時間があれば、iPS関連技術との関係)

2.ゲノム編集に関わる基本技術の権利化状況
 2.1 ゲノム編集の基本技術特許の特許範囲
 2.2 ゲノム編集技術を進めるのに、どのような権利が必要か?

3.例えば、ゲノム編集技術を使用し、新しい開発を進め、製品等を上市するには?
 3.1 ゲノム編集技術と、いわゆる遺伝子工学的(分子生物的)技術と医薬品開発、さらに特許との関係は?
 3.2 本技術を特許経済的視点から見ると?
 3.3 医薬品から見た、特許権と開発(特に医薬品開発)との関係、さらに本技術の特徴的観点(倫理の問題まで含む?)

4.ゲノム編集技術の権利化に係る、行政庁等の対応
 4.1 日本特許庁から紹介されている、本技術に対する支援施策等
 4.2 本技術の応用技術、本技術の成果物への焦点、研究開発へのインセンティブへの影響、本技術の研究開発・知的財産・規制(安全性・倫理等)等の戦略

【質疑応答】


【13:45〜15:15】

【第2部】 ゲノム編集技術を用いた遺伝子治療関連技術の特許侵害対策

辻丸国際特許事務所 弁理士 南野研人 氏

 
【講座主旨】

新たなゲノム編集技術であるCRISPR-Cas9システムは、ゲノム情報を簡便に書き換え可能な技術であり、遺伝子疾患の治療等への応用が図られています。また、遺伝性疾患を対象とした臨床試験も米国のベンチャー企業により本年中に開始される予定です。 ゲノム編集技術を用いた遺伝子治療関連技術は多岐に渡る技術から構成されています。そこで、本セミナーでは、ゲノム編集技術及び遺伝子治療関連技術を構成する技術を検討した上で、権利者側に立ってどのような特許が存在しうるかについてお話しします。

【講座内容】

1.ゲノム編集技術の種類及びその特許
 1.1 ゲノム編集技術とは?
 1.2 主要なゲノム編集技術
 1.3 各ゲノム編集技術の特許
 1.4 CRISPR-CAS9システムの基本特許

2.遺伝子治療関連技術の種類及びその特許
 2.1 遺伝子治療関連技術とは?
 2.2 遺伝子
 2.3 デリバリー技術
 2.4 ベクター技術

3.出願戦略から考える特許侵害対策

【質疑応答】


【15:15〜17:15】

【第3部】 ゲノム編集技術を利用して作製された細胞等に関する特許侵害対策

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK 特許部 部長<化学バイオ系領域担当> 中尾守男 氏

 

【講座主旨】

ゲノム編集技術として、ZFN、TALENおよびCRISPR−Cas9が知られている。特に、CRISPR−Cas9の研究開発は著しく、米国の大学や企業等を中心に相次いでCRISPR−Cas9に関して特許出願がなされ、各国で基本特許が成立し始めている。CRISPR−Cas9に関する出願公開公報や特許公報を紹介し、ゲノム編集技術に関する研究開発に与える影響や考慮すべき点等について検討する。

【講座内容】

・ゲノム編集技術の出願動向と権利化状況

・ゲノム編集技術の改良技術と出願動向

・試験又は研究のためにする特許発明の実施

・CRISPR−Cas9の基本特許について考慮すべきこと

・CRISPR−Cas9に関する出願公開公報の紹介

・CRISPR−Cas9に関する出願の日本における審査状況

・ゲノム編集に関する出願事例、特許事例に基づく侵害対策の検討

【質疑応答】


ゲノム 編集 特許