知財 情報 分析
        
『研究開発テーマの事業性評価と資源配分の決め方』
『IPランドスケープの実践事例集』
 

<セミナー No.002509>


★どのように知的財産情報とその他の公開情報を組み合わせればよいか!!

★ニーズ・シーズ、キーマン・ビジネスエコシステム、新規パートナー候補の見つけ方とは!


新規事業創出のための知財情報分析の仕方

 


■ 講師

前川知的財産事務所 弁理士 砥綿 洋佑 氏

■ 開催要領
日 時

2020年2月18日(火) 10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム

【講演のポイント】
2017年11月の日経新聞報道以降、「IPランドスケープ」という言葉が知られてきました。企業の競争力を表す非財務情報として知的財産情報の有用性に徐々に期待が高まっています。企業の研究・開発部門、商品・事業企画部門の方を対象に、これまで知的財産情報を扱ったことの無い方でも、知的財産情報に触れ、基礎的な分析ができるようになり、業務に役立てるよう解説していきます。
また、これから新規事業を企画、立ち上げようとする部門の方のために、新規事業企画の初期段階で役に立つ知財情報分析についても言及します。


【講演項目】
1.知的財産情報とは  
  (1)「IPランドスケープ」って何でしょう?  
  (2)最新の知的財産制度の概要  
  (3)各知的財産情報の取得方法  
  (4)JーPlatPatの使い方

2.既存市場における競争と知的財産情報分析  
  (1)伝統的な知財戦略の考え方  
  (2)伝統的なパテントマップと作成方法  
  (3)新世代の知財情報分析ツールの紹介  
  (4)事業戦略に沿った知的財産情報分析

3.新規事業企画のための知的財産情報分析  
  (1)知的財産情報とその他の公開情報との融合  
  (2)知的財産情報を用いたニーズ・シーズ調査
  (3)知的財産情報を用いたキーマン・ビジネスエコシステム調査  
  (4)知的財産情報を用いた新規パートナー候補のデューディリジェンス


【質疑応答・個別質問・名刺交換】


 

知財 新規事業 セミナー