自動車 振動・騒音 セミナー
        
次世代自動車の熱マネジメント
自動車内装材とインテリアの快適性向上
 

<セミナー No.102225>


★ 静粛性向上と軽量化を両立させるには?
★ 音の伝わり方、振動の発生要因をすっきり解説します!

【Live配信セミナー】

自動車振動騒音のメカニズムと防音材料の性能予測および設計


■ 講 師


工学院大学 工学部 機械工学科 教授 山本 崇史 氏

■ 開催要領
日 時

2021年2月25日(木) 10:30〜1630

会 場 ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料

1名につき55,000円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ Live配信セミナーの受講について
本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

■ プログラム

【習得できる知識】
近年,環境へおよぼす影響を軽減できる電気自動車やハイブリッド車の普及がすすんでいる.これらの車両ではエンジン騒音は小さくなったが,ロードノイズなど他の騒音の寄与が相対的に大きくなってきている.その一方,環境性能の観点から燃費向上のため車両の軽量化は必須の検討項目となっており,制振材・吸音材・遮音材などの防音材料も質量に対する騒音抑制の効果(質量効率)を大きくすることが求められている.本講演では防音材の質量効率を向上させることを目的に,仕様の適正化などを検討した事例について紹介する.

【講座の趣旨】
車室内騒音に対する制振材・吸音材・遮音材のはたらきとその効果,および制振材の貼り付け位置や吸遮音材の構造を適正化する手法について見識を深めていただくことを目的としている.

1.音と振動の基礎
 1-1 質点系の振動(1自由度系および2自由度系)
 1-2 連続体の振動(梁および板)
 1-3 開空間における音
 1-4 閉空間における音と共鳴現象

2.制振材料による振動低減
 2-1 物理的な現象の説明
 2-2 損失係数とその同定方法
 2-3 モード損失係数
 2-4 制振材料の貼付位置の適正化

3.ヘルムホルツのレゾネータによる騒音低減
 3-1 物理的な現象の説明
 3-2 ダイナミックダンパーとの比較
 3-3 減衰レベルの予測と評価
 3-4 最適な寸法・構造

4.遮音材料による騒音低減
 4-1 物理的な現象の説明
 4-2 透過損失と挿入損失
 4-3 質量則とコインシデンス効果
 4-4 二重壁による性能向上と共鳴透過による性能低下
 4-5 伝達マトリックス法による透過損失の予測
 4-6 有限要素法による透過損失の予測

5.吸音材料による騒音低減
 5-1 物理的な現象の説明
 5-2 吸音率とその測定方法
 5-3 Biotモデルによる吸音率の予測
 5-4 微細空間における吸音
 5-5吸音材の配置最適化

6.均質化法による吸音材料の設計
 6-1 吸音材の微視構造
 6-2 電子顕微鏡およびμX線CTによる特徴観察
 6-3 均質化法による微視構造を用いた吸音率の予測
 6-4 3Dプリンターにより造形した吸音材による実験検証
 6-5 微視空孔間にはられた膜の吸音率への影響
 6-6 均質化法と最小二乗法によるBiot パラメータの推定

【質疑応答】

 

自動車 振動 騒音 セミナー