ペイシェント ジャーニー セミナー
                  
医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定
希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
 
<セミナー No106112>

☆ 新規処方の獲得や継続使用、アドヒアランス向上への道筋が見えるようになる
☆「処方まで」と「処方後」 それぞれでの効果的な活用法が分かる!

【Live配信セミナー】

〜製薬企業担当者のための〜

ペイシェントジャーニーに添った

患者向けサポートと医薬品処方へのつなげ方


■ 講師
【第1部】 

デロイトトーマツコンサルティング(合) ライフサイエンス&ヘルスケア シニアマネジャー 田尾 隆幸 氏
デロイトトーマツコンサルティング(合) ライフサイエンス&ヘルスケア マネジャー 眞砂 和英 氏 

【第2部】 (株)メディウィル 代表取締役社長 城間 波留人 氏
【第3部】 IQVIAサービシーズジャパン(株) Strategy Planning Unit Manager 大角 知也 氏
■ 開催要領
日 時

2021年6月10日(木)10:00〜17:00

会 場 Zoomを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
聴講料

聴講料 1名につき60,500円(消費税込/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

■ プログラム

【10:00〜12:00】  

【第1部】 ヘルスケア業界の動向と患者向けサービスのあるべき姿

デロイトトーマツコンサルティング(合) ライフサイエンス&ヘルスケア シニアマネジャー 田尾 隆幸 氏
デロイトトーマツコンサルティング(合) ライフサイエンス&ヘルスケア マネジャー 眞砂 和英 氏 

 

【講座主旨】

近年、ヘルスケア業界においては、患者をより正確に・より深く理解し、患者に寄り添った医療を提供しようとするトレンドにある。 本講演では、ヘルスケア業界における各プレイヤーの動向や、ペイシェントジャーニーに沿った患者向けサービスのあるべき姿について、事例を交えながら解説する

【講座内容】

1.ヘルスケア業界の環境変化
2.ヘルスケア業界を取り巻くステークホルダーの動向
3.患者視点でのヘルスケアサービスのあるべき姿
4.あるべき姿実現に向けた課題とその克服に向けた取り組み

【質疑応答】

 


【12:45〜14:45】

【第2部】 ペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)におけるデジタルマーケティング活用方法

(株)メディウィル 代表取締役社長 城間 波留人 氏

 
【講座主旨】

本講座は、患者さんに適切な情報提供をインターネット上で届ける「疾患啓発のデジタルマーケティング」に焦点をおいた内容です。
 ・患者さんに適切な情報提供をしたい
 ・疾患啓発を通じて、医療従事者とともに疾患認知度を上げたい
 ・患者さんと、疾患を相談できる医療施設とをつなぎたい
 ・かかりつけ医と専門医をつなげたい
 ・上記の目的をデジタルマーケティングを活用して実施したい
このような思いや、お悩みに対する解決策を学びたい方におすすめの講座です。

(参考コラム)
ペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)におけるデジタルマーケティング活用方法↓↓↓
 https://www.mediwill.co.jp/column_patientjourney-dtcdigitalmarketing/

疾患啓発(DTC)におけるデジタルマーケティング活用方法〜デジタル広告〜↓↓↓
 https://www.mediwill.co.jp/column_patientjourney-dtcdigitalmarketing-digitalad/

【講座内容】

●デジタル時代のペイシェントジャーニー
 ・患者さんの3つの行動プロセス
 ・健康・医療情報収集の一番多い手法
 ・インターネットの利用動向
 ・情報端末の利用動向
 ・病院情報の探し方

●デジタル時代のペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)におけるデジタルマーケティングの考え方
 ・ペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)の全体像
 ・ペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)におけるデジタルマーケティングの設計概要

●ペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)におけるデジタルマーケティングの活用方法
 ・SEO
 ・デジタル広告
 ・疾患啓発Webサイト設計
 ・病院検索サービス活用方法

●まとめとQ&A

 


【15:00〜17:00】

【第3部】 ペイシェントサポートプログラムを通じた患者向けサポート手法

IQVIAサービシーズジャパン(株) Strategy Planning Unit Manager 大角 知也 氏

 

【講座主旨】

PSPは患者、医療者、ライフサイエンス企業を密接に繋ぐコミュニケーションプラットフォームを構築し、治療モチベーションやアドヒアランス向上を積極的に促進することで、より良いペイシェントジャーニーの実現を支援する仕組みとなっています。PSPを取り巻く患者さんや医療者、ライフサイエンス企業が置かれた環境を確認するとともに、PSPが提供できる今後の可能性についてご紹介させていただきます。

【講座内容】

1.ライフサイエンス企業を取り巻く環境の変化
 1-1.医療従事者の変化
 1-2.患者さんの変化
 1-3.行政や保険者の変化
 1-4.企業の変化

2.患者さんや医療従事者の期待やニーズ
 2-1.患者さんの困りごと
 2-2.医療従事者がライフサイエンス企業へ期待すること

3.Patient Journeyに基づいたサービス提供
 3-1.Patient Journeyのイメージ
 3-2.サービス内容

【質疑応答】

 


ペイシェント ジャーニー セミナー