テラヘルツ 応用 セミナー
        
電子機器の放熱・冷却技術と部材の開発
高速・高周波対応部材の最新開発動向
 
<セミナー No.107409>

★ テラヘルツ帯を活用した計測と応用技術を詳説

【Live配信セミナー】
テラヘルツ技術

課題、動向と今後の展望


■ 講師
  徳島大学 ポストLEDフォトニクス研究所 所長/教授 博士(工学)、博士(医学)安井 武史 氏 
■ 開催要領
日 時

2021年7月26日(月) 10:30〜16:30

会 場 ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
聴講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
         詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

■ プログラム


【講演概要】
光波と電波の境界に位置し、両者の特性を併せ持つテラヘルツ波は、これまで利用されてきた電磁波と異なるユニークな特徴を多く有している。近年、様々なテラヘルツ装置が市販され、各種ユーザーの応用展開や企業の新事業展開への環境が整備されつつある。
本講演では、テラヘルツ計測を、基礎と応用の両側面から取り上げ、その可能性について説明する。

1.テラヘルツ波とは
2.テラヘルツ光源
3.テラヘルツ検出技術
4.テラヘルツ光学素子
5.テラヘルツ分光装置
6.テラヘルツイメージング装置
7.情報通信分野での応用事例と今後の可能性
8.バイオメディカル分野での応用事例と今後の可能性
9.非破壊検査分野での応用事例と今後の可能性
10.セキュリティ分野での応用事例と今後の可能性
11.リモートセンシングでの応用事例と今後の可能性
12.まとめ


【質疑応答】


テラヘルツ  応用  セミナー