競合 分析 技術開発戦略  
        
研究開発者のモチベーションの高め方と実践事例
共同研究開発の進め方、契約のポイント
 

<セミナー No.109502>


★競合企業の事業・製品・技術をどのように調査、分析するか!

 ライバル企業に勝つ技術開発戦略策定ノウハウを伝授!

【Live配信セミナー】

競合・市場情報の分析、仮説検証の仕方と

技術開発戦略の策定

 


■ 講師

(株)ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透氏

■ 開催要領
日 時

2021年9月7日(火)13:00〜17:00

会 場 Zoomウェビナーを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
(聴講者のビデオはOFFに設定しています)
聴講料

1名につき55,000円(消費税込、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

■ Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。



■ プログラム

【講演趣旨】 
研究開発、製品設計、新製品・新事業開発など技術開発をともなう業務を行う場合、競合情報や市場情報を収集 し、分析することは、事業の成否に関わる重要な仕事です。しかし実際は、経験知だけ、体系的な情報収集・分析が十分に行わ れていないことが多く、経営者の意思決定がうまく行われないことがしばしあります。本コースは、多くの技術開発戦略、新規事業 開発に関わったコンサルタントが開発した、競合情報、市場情報の収集・分析手法を体系的かつ実践的にお伝えするものです。 製品・サービス事業だけでなく、IoT、AI時代に重視されているエコシステム・ビジネスモデルレベルの競合情報、市場情報収集・ 分析の方法もお伝えします。

【講演項目】
1.これまでの市場調査の方法が通用しなくなってきている
  1.1 業界や市場の境目がなくなっている
  1.2 現在市場が存在しない市場調査が必要
  1.3 情報が多すぎて分析できない
  1.4 ネット情報の信憑性、情報陳腐化の加速
  1.5 情報収集・分析しても意思決定できない経営トップ

2.情報収集・分析の5つの原則
  2.1 なんのための情報収集・分析か【目的明確化の原則】
  2.2 どんな制約条件があるのか【制約条件の原則】
  2.3 その情報で誰が何のために意思決定するのか【意思決定特性の原則】
  2.4 情報の不確実性をどう考えるか【不確実性の原則】
  2.5 多次元情報収集と分析が必要【多次元情報の原則】

3.競合情報収集・分析
  3.1 競合分析のフレームワーク
    ・競合分析の前に自社を分析せよ
    ・永遠に競合から学ぶことが最強の戦略
  3.2 そもそも競合とは、競合の分類方法
    ・戦略グループ、産業内競合、代替品・サービス
    ・代替品・サービスは新たなエコシステム・ビジネスモデルから生まれる
  3.3 競合分析の情報源とアクセス方法
    ・公開データ、非公開データ
    ・官公庁、マスコミ、業界誌、専門誌、シンクタンクレポート
    ・ホームページ、インターネット、SNS情報
    ・社内保有情報 など
  3.4 競合の何を分析するか?(過去、現在、将来)
    ・競合の過去、現在、将来から競合の方向性を分析する
    ・競合の分析と競争戦略の関係
  3.5 競合の事業の分析
    ・BSCの4つの視点で競合の業績メカニズムを分析する
    ・マクロ環境から競合の将来の方向性を予想する
  3.6 競合の製品・サービス、顧客価値の分析
    ・製品・サービスの基本機能、付加機能
    ・製品の情緒、自己実現的要素
    ・価格分析
    ・顧客のコスト分析(直接コスト、間接コスト)
    ・顧客提供価値の分析
  3.7 競合の技術の分析
    ・技術の分類(要素技術、設計技術、生産技術、利用技術)
    ・製品から構成技術を分解する
    ・特許調査
    ・情報技術の分析
  3.8 競合のエコシステム・ビジネスモデルの分析
    ・エコシステム・ビジネスモデルとは
    ・エコシステム・ビジネスモデル分析の方法

4.調査力を上げる方法
  4.1 身近な情報源を徹底活用する
  4.2 常にビジネス戦略仮説を持ち、当たり外れを確認する
  4.3 社内外のネットワークをつくる
  4.4 現場感覚、肌感覚を鍛える(身体性や主観力)
  4.5 予測とシナリオ分析
  4.6 自ら情報発信し影響を周りに与え、最新のトレンドを生み出す側に回る
    ・異業種ワークショップなどの開催
    ・コンソーシアムの発足、運営などの場づくり
    ・キーパーソンとのネットワーク


【質疑応答】

 

技術開発戦略 策定 セミナー