医薬品 マーケティング セミナー

                  
疾患原因遺伝子・タンパク質の解析技術と創薬/診断技術への応用
創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき
最新の免疫学とその応用技術
 
<セミナー No205115>

☆ 損益計算(P/L資料)や費用対効果(ROI)の算出とその根拠説明のポイント

【Live配信セミナー】

医薬品マーケティングにおける

プランニングと説得力ある販売計画のコツ


■ 講師
【第1部】 

(株)アサヒ・シーアンドアイ 常務執行役員 谷口公嗣 氏

【第2部】 (株)ユーホーニイタカ  事業開発部 事業開発アドバイザー 中西真人 氏
■ 開催要領
日 時

2022年5月31日(水)10:30〜16:30

会 場 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は 「こちら」 をご確認下さい。

聴講料

聴講料 1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49
,500円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:30〜12:30】  

【第1部】 医薬品マーケティングにおけるSTP設定プロセスと施策の実際

(株)アサヒ・シーアンドアイ 常務執行役員 谷口公嗣 氏

 

【講座主旨】

@医薬品製品戦略を立案する上で最も重要なことは、当該医薬品の弱みを感じることなく 強みを十分に拡充できるセグメントを引き出し、そのセグメントの顧客をターゲットとして当該医薬品を浸透させていくことです。このように弱みを気にすることなく強みを拡充できるようなセグメントを見つけ出すには、最初に当該製品のプロファイルに合致した最適なセグメンテーションを行う必要があります。これらの作業をどのように行うのかについて具体的に解説いたします。
A具体的な事例を元に、最適なセグメンテーションとターゲットセグメントの固定およびポジショニング、製品戦略の構築の実際について学んでいただきます。新製品を初めて市場に上市する際のマーケティングと製品戦略の実際についてご紹介し、実際に構築した戦略の評価をおこなう際の留意点についても解説いたします。
B最適なセグメンテーションとターゲットセグメントの 固定およびポジショニング、製品戦略の構築の実際について、上市後一定期間を経過した製品(伸張期、成熟期、衰退期)のマーケティングと製品戦略の実際について学びます。また、各々の実際に構築した戦略の評価をおこなう再の留意点についても具体例の紹介を通して解説いたします。

【講座内容】

1.マーケティング・製品戦略の基本的な考え方の習得
 @戦略目標設定の仕方
 ASWOT環境分析の仕方
 BSWOT分析により抽出された課題の分析
 C市場細分化(Segmentation)
 D標的市場の選定(Targeting)構
 E勝ち位置の固定(Positioning)
 F製品戦略の構築、アクションプランを策定して実施
 G製品Stageを勘案して、傾注度や営業資源の投入規模を決める

2.製品戦略の最適化の基本的な考え方の習得
 @自分たちの弱みを気にすることなく、自分達の強みを拡充し有利に戦える場で確実に勝つ

3.伸長期、成熟期、衰退期のマーケティング戦略におけるSTP
 @立ち位置の市場のタイプと予算配分の考え方
 Aブランディングのための的確なdetail messageの構築の仕方
 B販売計画を精緻なものにするためにはどのようにしたらよいか?
  ・製品に対するロイヤルティ調査(トラッキング調査の紹介)
  ・ブランド・カテゴライゼーションの紹介

【質疑応答】

 

【13:30〜16:30】

【第2部】 マーケティングプランの立案と販売計画策定〜損益計算書、ROI等を含む〜

(株)ユーホーニイタカ  事業開発部 事業開発アドバイザー 中西真人 氏
一般社団法人 感染予防協会 代表理事

 
【講座主旨】

医薬マーケティング戦略テンプレートで説明と提供、特に販売計画策定の手法を具体的に解説していく。

【講座内容】

1.マーケティングとは&マーケティグの最終目的について
 ・マーケティング企画立案における重要な要素について
 ・売上と利益の追求について(P/LとROIに結び付ける)

2.製品企画書(マーケティングストラテジー)の策定について
 @製品企画書(マーケティングストラテジー)テンプレートで資料を紹介説明
 A企画書の中で重要な販売計画策定方法について
  ・Excel関数を駆使して市場予測と販売計画を紹介する
   →マーケット全体の推移予測を立てる
   →時系列推移データから全体市場の推移&競合品の推移予測
    ・複数のExcel関数活用による予測
    ・市場調査会社データを活用した市場予測の補正方法
   →各種市場調査会社の紹介と活用方法
   →自社製品(新製品 or 既存品)販売計画立案方法
   →自社製品販売計画と利益(営業利益)の確保の重要性について
    ・P/Lの意義と算定方法について
    ・ROIの意義と算定方法について

【質疑応答】

 


医薬 マーケティング セミナー