ASEAN 薬価 セミナー
        
 

<セミナー No 206105>


★ 目覚ましい成長をとげる “ASEAN主要5カ国” の市場、薬価制度、保険償還システムを分かりやすく解説!

【Live配信セミナー】

ASEAN主要国の薬価・医療制度
最新動向と薬価戦略

■ 講師

オフィス・メディサーチ 代表取締役 松原 喜代吉 氏

■ 開催要領
日 時

2022年6月27日(月) 10:30〜16:30

会 場 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料

1名につき 55,000円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49
,500円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【講座主旨】
  本セミナーでは、インドネシア / フィリピン / タイ / ベトナム/ マレーシア等、目覚ましい成長国の医薬品市場規模と市場構造、薬価制度と保険償還システムについて最新動向を解説いたします。


【講演内容】


1.インドネシア
  1.1 医療保険制度
    ・様々な公的医療保険
      (ASKES,JAMSOSTEK,JAMKESMASなど) と
      BPJS Health設置による統一医療保険制度(SJSN)の開始
  1.2 保険給付システム
  1.3 医療提供体制
  1.4 医薬品市場規模と市場構造
  1.5 薬価制度と保険償還システム
    ・国家医薬品リストFORNAS
    ・政府のOGBリスト
    ・価格規制
    ・薬価水準など
  1.6 輸入薬の承認・登録等に関する規定、海外からの直接投資枠の制限
  1.7 最近の動向
     〜社会保障制度改革への政府の対応など〜

2.フィリピン
  2.1 医療保険制度  〜公的医療保険フィルヘルス〜
  2.2 保険給付システム・医療提供体制
  2.3 医薬品市場規模と市場構造
  2.4 薬価制度と保険償還システム
    ・国家必須医薬品リスト
    ・価格規制
    ・薬価水準など
  2.5 政府による医薬品の並行輸入実施
  2.6 最近の動向
    ・2019年2月成立のユニバーサルヘルスケア法
    ・2020年2月の新たな薬価規制に関する大統領令の発行

3.タイ
 3.1 医療保険制度
    ・3つの公的医療保険
      公務員医療給付制度/社会保険制度/国民医療保障制度
 3.2 保険給付システム
 3.3 医療提供体制
 3.4 医薬品市場規模と市場構造
 3.5 薬価制度と保険償還システム
    ・国家必須医薬品リスト
    ・HITAPによる薬剤経済評価
    ・価格規制
    ・薬価水準など
 3.6 特許薬に対する強制実施権の発動
 3.7 最近の動向  〜2019年10月施行の薬事法改正など〜

4.ベトナム
 4.1 医療保険制度〜強制加入型の社会医療保険SHIと民間保険〜
 4.2 保険給付システム
 4.3 医療提供体制
 4.4 医薬品市場規模と市場構造
 4.5 薬価制度と保険償還システム
    〜SHIのポジティブリスト(National Drug List)
           ,必須医薬品リスト,価格規制,薬価水準など〜
 4.6 医薬品の国内での流通制限について
 4.7 最近の動向〜政府の「医薬品国内生産重視」政策、2017年1月施行の薬事法改正など〜

5.マレーシア
 5.1 医療保険制度 〜ユニバーサル・ヘルスケア〜
 5.2 保険給付システム
 5.3 医薬品市場規模と市場構造
    ・市場規模
    ・GEの市場シェア
    ・薬価水準など
 5.4 薬価制度と薬剤給付システム
    ・MOH Drugフォーミュラリ
    ・特別承認制度
    ・国家必須医薬品リストNEDL
    ・政府の薬剤調達
    ・価格規制など
 5.5 最近の動向
    〜PAS (Patient Access Scheme) 制度の導入など〜

6.まとめ
   ・ASEAN諸国の市場特性と留意点
   ・薬価戦略のポイント


【質疑応答】

ASEAN 薬価 セミナー