LCA スコープ3 セミナー
        
CO2排出量の算出と削減事例
CO2の有効利用技術の開発
 
<セミナー No.403401>

★インベントリ分析、スコープ3の実践、インパクト評価、、、
 環境負荷、CO2排出量の可視化手法と運用・実践していくためのポイントを解説
【Live配信セミナー】
LCA
の実践方法
環境パフォーマンス定量評価

■ 講師

東京大学 大学院工学系研究科 都市工学専攻 准教授 博士(工学) 中谷 隼 氏

■ 開催要領
日 時 2024年3月5日(火) 10:30〜16:30
会 場 ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
■ プログラム

【この講座で学べること】
・LCAによる環境パフォーマンス評価の社会的意義
・LCAや関連する評価方法に関する国内外の動向
・インベントリ分析の基礎と実践方法
・スコープ3(サプライチェーン排出量)の実践方法
・環境フットプリントとインパクト評価の概要


【講座概要】
近年,カーボンニュートラルや持続可能性への注目を背景に,製品や組織のサプライチェーンを通した環境パフォーマンスを算定および公表することが求められるようになってきました。その算定は,ライフサイクルアセスメント(LCA)の考え方が基本になります。本セミナーでは,なぜLCAの考え方(ライフサイクル思考)が必要とされているのか,その社会的意義を解説します。さらに,LCAの核となるインベントリ分析と,スコープ3(組織のサプライチェーンを通した温室効果ガス排出量)の基礎と実践方法について,例題を通して学びます。また,リサイクルの評価方法などインベントリ分析の応用と,もうひとつのLCAの核であるインパクト評価,その欧州における動向についても解説します。

1.LCAの社会的背景と概要
 1.1 カーボンニュートラルとLCA
 1.2 LCAの枠組みと定義
 1.3 LCAの評価事例
 1.4 環境フットプリント

2.インベントリ分析の基礎と実践
 2.1 機能単位とシステム境界
 2.2 インベントリ分析の方法
 2.3 インベントリのデータベース
 2.4 インベントリ分析の例題

3.スコープ3の基礎と実践
 3.1 スコープ3の対象と分類
 3.2 スコープ3の算定事例
 3.3 スコープ3の例題

4.インベントリ分析の応用
 4.1 配分とシステム拡張
 4.2 リサイクルの評価方法
 4.3 リサイクルの評価事例
 4.4 環境産業連関分析

5.インパクト評価の概要
 5.1 環境影響の特性化
 5.2 環境影響の重み付け
 5.3 欧州・環境フットプリント


【質疑応答】

LCA 環境 パフォーマンス セミナー