特許明細書 セミナー
        
適正な知財コストの考え方と権利化、維持、放棄の決め方
後発で"勝つ"ための 研究・知財戦略と経営層への説明・説得の仕方
 

<セミナー No 408215>

【Live配信のみ】 アーカイブ配信はありません

★ “明細書Lint”を使った特許明細書チェックの効率化、省力化!

特許明細書,特許請求の範囲,図面の記載ルールと審査基準

■ 講師

磯野国際特許商標事務所 部長 綾木 健一郎 氏

■ 開催要領
日 時

2024年8月29日(木) 10:30〜16:30

会 場 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料

1名につき 55,000円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49
,500円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【習得できる知識】
・特許明細書、特許請求の範囲、図面の記載ルールを習得できる。
・特許明細書や特許請求の範囲を機械的にチェックするツール“明細書Lint”の使い方を習得できる。
・更に、図面についての記載ルールについて習得できる。

【講座の趣旨】
特許明細書を書くためには、科学技術と特許法を知るだけでは足りず、特許明細書の構造を知り、更に特許明細書に固有の記載ルールなどを知らなければいけません。特許明細書の記載ルールに違反した明細書で特許出願した場合、最悪は特許権が取得できないことも有ります。
 特許明細書の記載ルールは、日本国の特許審査基準だけに限られず、外国の審査基準に基づくものもあります。これらの記載ルールの元となる審査基準について知ることが必要です。本講座では、これらの記載ルールと審査基準を説明し、記載ルールから逸脱した箇所を機械的に指摘するチェックツール “明細書Lint” とその使い方についても説明します。これにより、高品質な特許明細書を短時間で作成することを目指します。

1.はじめに
 1.1 特許明細書の記載ルールとは? 〜明確性違反・サポート要件違反〜
 1.2 特許明細書を機械的にチェックする各種ツール
 1.3 明細書Lint 〜Word画面上でチェックできるアドイン〜

2.特許請求の範囲の記載ルール
 2.1 「前記」の記載ルール 〜先行詞の欠落〜
 2.2 ジェプソン形式の請求項の記載ルール
 2.3 請求項の引用ルール 〜択一的引用とマルチマルチクレーム〜
 2.4 特許請求の範囲を不明確にする表現
 2.5 方法発明に主語を明記 〜ビジネスモデル発明の落とし穴〜

3.明細書の記載ルール
 3.1 明細書の構成 〜課題と解決手段と発明の効果の一体性〜
 3.2 「符号」 〜図面の要素を説明する方法〜
 3.3 「サポート要件」 〜特許請求の範囲の実施形態における裏付け〜
 3.4 数式の記載ルール
 3.5 文章の長さ 〜明確性を担保する方法〜

4.図面の記載ルール 〜五極特許庁とWIPOを前提に〜
 4.1 図面の描画範囲
 4.2 図面番号
 4.3 グレイスケール図面とカラー図面
 4.4 線
 4.5 符号
 4.6 引き出し線
 4.7 矢印
 4.8 図面に関する説明 〜文言事項の記載は原則不可〜
 4.9 電気回路記号 〜JIS・ISOへの準拠〜
 4.10 請求の範囲との対応
 4.11 公序良俗違反

【質疑応答】

特許明細書 セミナー